top of page
検索
  • keiji18

24時間営業のYo-Kai Expressがシリコンバレーから日本へ上陸

Yo-Kai Express Inc.(創業者兼CEO:アンディ・リン、読み:ヨーカイ エクスプレス)は、3月28日より順次、羽田空港第2ターミナル、首都高芝浦パーキングエリア、JR東日本 東京駅において、6種類の味の中から最速90秒で出来立ての生麺タイプのラーメンを提供する【Yo-Kai Express】の導入をスタートしました。


Yo-Kai Expressは、2016年創業のシリコンバレーのフードテックベンチャーで、「いつでも、手軽に、美味しいものを」をモットーに、温かい食事を24時間コンタクトレスで提供できる、革新的な自販機型の自動調理ソリューションです。



提供する食品は、丼に入った形状で筐体内で冷凍保存されており、お客様に提供する度に、独自の解凍技術を用いてそれぞれの料理に最適な調理を行い、路面店さながらの熱々の食事を迅速に作り上げます。

Yo-Kai Express は、空港、ホテル、病院、企業、大学、会議場、複合居住施設など、全米で約50カ所に設置しており、これまでに20万食以上の提供実績があります。


【創業者兼CEOアンディ・リン コメント】

今回、本格ラーメン発祥の地である日本市場にYo-Kai Expressが進出できた事に大変感激しています。昨年冬からb8ta渋谷店にて試験運用を行ってきましたが、日本の皆様には我々のサービスを大変好意的に受け入れていただきました。

今回、強力なパートナー企業の皆さんのご協力により、最初の3台が、日本における移動の要となる空港、高速道路PA、鉄道駅に設置できたことは、我々にとって非常に大きな一歩です。加えて、日本を代表するラーメンブランドである一風堂に製品開発でご協力いただき、また技術や運用面でソフトバンクロボティクス社にサポートいただけたことも望外の喜びです。

今後は、ラーメンだけでなく、丼形状で提供できるさまざまな料理の開発を続け、より美味しい食事を広く手軽に楽しんでもらえるよう、進化していきたいと考えています。


【Yo-Kai Expressで楽しめる6種類の味 (2022年春時点)】

●Yo-Kai オリジナルフレーバー(希望小売価格:税込 790円)

- 鶏 Yuzu Shio

- 東京 Shoyu

- 札幌 Spicy Miso

- 九州 Tonkotsu

●一風堂提供(近日提供開始予定、価格未定)

- 一風堂博多豚骨ラーメン

- IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン


【販売設置場所】今日現在、以下の3箇所に設置されております。

- 羽田空港第2ターミナル1階 自販機レストラン内

https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/site_resource/whats_new/pdf/000011904.pdf

- 首都高 高速11号台場線上り 芝浦パーキングエリア

https://www.shutoko.co.jp/company/press/2021/data/03/29_yokai_express/

- JR東日本 東京駅 グランスタ東京 地下一階「スクエア ゼロ」(4 月 12 日(火)17 時頃までの期間限定)

https://www.gransta.jp/assets/img/mall/map/map_gransta_tokyo.pdf


【決済方法】キャッシュレスのみ

交通系ICカード(Suica、PASMO、Kitaca、toica、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、HAYAKAKEN)、クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、AMEX、Diners、Discover)、電子マネー(楽天Edy、nanaco、WAON、iD)、QR決済(Paypay、Alipay、WeChatPay、auPAY、VIA)


パートナー各社からのコメント

【日本空港ビルデング株式会社 上席常務執行役員 藤野 威 氏からのコメント】

この度は、日本での新たなスタート、誠におめでとうございます。また、第一号機の設置場所に羽田空港を選んでくださいましたこと、大変うれしく思います。

現在、羽田空港では、労働人口減少を補うロボットやAI等の本格導入を進めている中で、先端技術を活用し無人状態において、安全で衛生的に、本格的なラーメンを提供できるYo-Kai Expressは、お客様が手軽に先端技術を体験していただけるひとつであると期待しております。

空港を利用されるすべての人がYo-Kai Expressで、いつでも温かいラーメンでおなかを満たし、仕事やレジャーに向かう活力となれば幸いですし、今後のインバウンド回復に備え、ラーメンだけでなく、そば・うどん等の日本の食文化が味わえるバリエーションもぜひ開発していただきたいと考えております。


【首都高速道路サービス株式会社 代表取締役社長 大西英史 氏からのコメント】

この度は誠におめでとうございます。当社は首都高速道路株式会社の100%子会社として、パーキングエリアなどの事業を通じて様々なサービスをお客様に提供している会社です。日本展開に際して当社をそのパートナーの一員に選んでいただき、大変うれしく思います。

当社のお客様の中には、日夜、日本の物流を支えるドライバーの方々も数多くいらっしゃいますが、高速道路初のYo-Kai Expressの導入により、こうした方々に24時間365日おいしく温かい食べ物を提供できることとなり、社会的な意義も非常に大きいものと考えております。

今後もお互いに協力して、この意義あるサービスをますます大きく育てていきましょう。


【東日本旅客鉄道株式会社 常務執行役員 表 輝幸 氏からのコメント」

この度の日本展開のスタート、誠におめでとうございます。

2021年夏に、新大久保駅直上のコワーキングスペース「Kimchi, Durian, Cardamom,,,」に日本法人を構えていただき、こうして日本での早期事業展開を着実に進められることに敬意を表するとともに、大変うれしく思います。

始発から終電まで本格的な味を提供できる今回の先端技術を活用した無人機の開発は、駅をご利用のお客さまに我々が提供できるサービスの幅を広げる意味を持ち、今後の展開に大きな可能性を感じています。私たちが「Beyond Stations 構想」で掲げている、駅を舞台とした新たなビジネス創発にまさに合致する取組みです。また、様々な地域の味を楽しみ、その地域の文化を味わいに鉄道の旅に出かける、といった当社グループとの連携・相乗効果も期待しています。 今後も、エキから”エキ”サイティングで”エキ”セレントな体験・価値を提供できるよう、共に頑張りましょう。


【株式会社力の源ホールディングス 代表取締役社長(一風堂 創業者)河原 成美 氏からのコメント】

この度は誠におめでとうございます。

私たち一風堂は2008年のNY進出を皮切りに「RAMEN」を世界共通のことばにしたいという想いのもと海外展開を続けてきました。米国発の新しいサービスが「ラーメン」を商品にして好評を得ている、さらにその技術を今回日本に展開する。いわば「逆輸入」のような新しいラーメン文化の誕生に関わることができて、大変ありがたく思います。

創業以来私たち一風堂が大切にしているのは「食を通して新しい価値を創造する」「変わらないために、変わり続ける」こと。今回のコラボレーションは、我々の理念を新しい形で実現する大きな一歩であると感謝しております。

自販機がその場で調理を行い、熱々のラーメンを作り上げる。ワクワクしますよね。

美味しく出来上がっていますので、どうぞ皆さまお楽しみにしてください。ありがとうございます!


【ソフトバンクロボティクス株式会社 CTO 兼 技術本部長 柴田暁穂 氏からのコメント】

念願であった日本でのサービス開始、おめでとうございます。4年前にベイエリアでAndyと出会ってから、テクノロジーパートナーとしてプロジェクトをサポートさせていただき、今日この日を迎えることができ非常に嬉しく思います。

今後も我々と二人三脚でフードテックソリューション開発を促進し、お客さまに感動していただけるサービスを提供するとともに、食品ロスなどの社会問題をテクノロジーで解決する様々な取り組みを共に進めていければ幸いです。


https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=98512&release_id=1&owner=1

閲覧数:2,109回0件のコメント

Comments


bottom of page